足利工業大学附属高等学校いじめ防止基本方針
1.本校の方針
足利工業大学附属高等学校では、建学の精神である「和」の実現を図る教育活動の一環として、思いやりの心・正義を重んじる心を育むと共に、いじめの未然防止・早期発見に取り組み、努力の甲斐なくいじめが生じてしまったときは真摯に対応し、全ての生徒が安心して充実した学校生活を送れるようにするために、「学校いじめ防止基本方針」を定める。
2.基本的な考え方
いじめは、いじめを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命または身体に重大な危険を生じさせるおそれがある。したがって、本校では、全ての生徒がいじめを行わず、いじめを認識しながら放置することが無いよう、いじめが心身に深刻な影響を及ぼす許されない行為であることを、十分に生徒が理解できるようにすることを旨として、いじめの防止等の対策を行う。また、家庭や地域・関係機関との連携を大事にし、生徒が多くの人々と関わり見守られるようにし、いじめの問題を克服する学校を中心とした協力体制づくりに努める。
3.いじめの防止等に関する内容
(1)いじめの未然防止のための取り組み
(2)いじめの早期発見のための取り組み
(3)いじめ解決のための取り組み
(4)インターネット上のいじめに対する取り組み
4.重大事態への対処
(1)重大事態とは
(2)重大事態への取り組み

 

<戻る>